睡眠時無呼吸症候群治療

睡眠時無呼吸症候群 (SAS)は、 文字通り寝ている間に何回も呼吸が止まる病気です。睡眠中に呼吸障害を起こす病気の一つで、何らかの原因で気道が閉じたり、狭くなって呼吸が止まる(無呼吸)、弱くなる、いびきをかく(低呼吸)、などの症状が発現し、苦しくなって起きることを繰り返す病気です。この症候群は単に呼吸が止まるだけの病気ではありません。心臓、脳、血管に負担をかけるのです。実は、睡眠時無呼吸症候群があるだけで高血圧症、脳 卒中、狭心症、心筋梗塞など循環器病を合併する危険が高まることがわかっています。無呼吸回数が多くなるにつれて、つまり重症になればなるほど、そのリス クは高くなります。

スリープスプリントとも言われています。下あごを上あごよりも前方に出すように固定させることで上気道を広く保ち、いびきや無呼吸の発生を防ぐ治療方法です。夜睡眠時に装着することで、無呼吸が著しく改善したした例が何例もあります。

口腔内装置の製作には、医科医療機関(睡眠時無呼吸症候群を取り扱う内科、脳外科または耳鼻科など)での諸検査(SPG等)を受け、歯科医療機関への治療装置依頼の紹介状が必要となります。

mukokyu

睡眠時無呼吸スプリント 睡眠時無呼吸スプリント 


この症例では、無呼吸改善のマウスピースを装着することで、症状は顕著に改善され、イビキまで直って家族の方からも喜ばれました 


印刷