gideinclinik

臨床歯科を語る会

臨床歯科を語る会とそれに集う歯科医の仲間


  東京八重洲口で開業されている金子一芳先生のお誘いから、この会に出席するようになってから、15年以上が経ちました。

  ある人いわく、“歯科医の良心”といわれる会です。  現会員がそういうのもおかしいといわれるかもしれません。しかし、自信をもってほかの会にはないものがあります。  ひとつには、スタディグループに在籍する人たちの集合体なのです。北は北海道、南は九州までの各地で歯科を勉強するグループに所属している人たちが、年1回7月の七夕のころ東京に集まります。そして、約2日間合宿の様な形で研修を行うのです。


rinshou.jpg

  会員の実際に治療した臨床例の経過からいろいろなテーマを見いだし、ディスカッションします。いろいろな治療に対する考え方があるなかで、どのような治療を選択していくべきか、それぞれの会員が活発に議論します。
歯科の学術団体には、あるひとりの歯科医が団体の方向性を決め導いているものがあります。しかしながら、このような団体に入信してしまうとベストな治療とおもってやっていても、偏った治療になってしまう危険性もあるのです。

そのようなことから、治療方針は偏らない、より患者さんサイドに立ったものを目標としています。また、歯科治療は術後の経過が良いものや問題が出てくる も のといろいろですが、問題点をみんな自分の治療例を持ちより、発表したり議論したりします。ここに集まる歯科医師は治療後の経過を重要視しています。何年 も経ってもよりよい口腔内に維持していきたいという願いからなのです。

また、臨床歯科を語る会では歯科医どうしでもその先生の臨床スタンスがよくわかっているので、転勤・転居などで患者さんをほかの地域で診てもらう際にも安心して紹介できるのです。 

http://www.katarukai.com

これまでの文献・著書

著書文献

1,「咬合崩壊を伴う症例における咬合挙上」
  ザ・クインテッセンス 9 (11):79~93, 1990.11
2,「パーシャルデンチャーの維持歯の保護と歯周環境の整備」
  歯界展望 79 (1) 1992.1
3,「パーシャルデンチャーの維持歯における歯周環境の改善
  日本臨床歯周病談話会会誌 J.J.S.P. Vol.10 : 64~71, 1992
4,「EichnerB4症例に対し、異なった負担様式により補綴を 行った2症例の経過と問題点
  補綴臨床 26 (2):157~167, 1993.2
5,「補綴の目標を問い直す(3) 欠損が進行しても補綴の目標は同じか
  ~10歯前後欠損の症例からすれ違い咬合の症例まで~補綴臨床 27 (1):6~73, 1994 .1
6, 「特集 総合的歯科治療の目標と現在の課題
  歯界展望 83 (2):322~333, 1994.2
7, 「顎堤の吸収が著しい場合,口腔底の緊張が強い場合の印象」
  補綴臨床別冊 実力アップ印象採得:143~146,1994.9
8, 「臨床における顎位の設定の疑問から
  ~ゴシックアーチの臨床統計~ 補綴臨床 28 (2):155~162, 1995 .3
~臨床例を通して生じた疑問~ 補綴臨床 28 (2):163~185, 1995 .3
9, 「欠損補綴症例の術後経過から」
  ~パーシャルデンチャーの維持装置を考える (1) 歯界展望 87 (4) :843~856 , 1996.4
~パーシャルデンチャーの維持装置を考える (2) 歯界展望 87 (5 ):1140~1154, 1996.5
10,「デンタルプレスケールを通して欠損歯列をみる」
 

補綴臨床 29 (4) :457~467, 1996.7

11, 「パーシャルデンチャーのフォローアップ
 

補綴臨床別冊 口腔ケアのためのフォローアップ : 147~152, 1996.7

12, 「骨縁下欠損への対応~咬合性外傷に対する対応を中心に
 

日本臨床歯周病談話会会誌 J.J.S.P. Vol.14:29~36,1996.12

13,「NSアンテリアジグを用いた簡便で正確な下顎位の診断法
 

補綴臨床 30 (4):448~449, 1997

14,「欠損歯列のリスクファクターと処置方針~症例の棲み分けをめぐって
 

日本歯科評論 No.658:139~155, 1997.8

1, 欠損歯列の診断
・日本歯科評論 No.658:139~155, 1997.8
2, 欠損歯列の回復と処置の実際ー1,初期治療を進める中で
・日本歯科評論 No.659:137~148, 1997.9
3, 欠損歯列の回復と処置の実際ー2,初期治療を進める中で
・ 日本歯科評論 No.660:125~136, 1997.10
4, 欠損歯列の回復と処置の実際ー3,下顎位の捉え方と咬合採得  
・ 日本歯科評論 No.661:131~144, 1997.11
5, 術後経過と欠損歯列のリスクファクター1 
・日本歯科評論 No.662:137~151, 1997.12
6, 術後経過と欠損歯列のリスクファクター2 
・日本歯科評論 No.664:145~159, 1998.2
7, 連載の論点とまとめ
・ 日本歯科評論  No.666:139~153, 1998.4

15,「欠損補綴法におけるコーヌス・テレスコープの臨床的位置づけ」
 

ザ・クインテッセンス 18 (4):81~92, 1999.4

16,「下顎位とガイドの捉え方と設定法
 

1,下顎位に関する概念を理解する
・ 歯界展望 94 (1):125~137,1999.7 
2,ゴシックアーチに取り組んでみてわかったこと
・歯界展望 94 (2):357~372 ,1999.8 
3,さまざまな下顎位の状況とその咬合位回復の実際1 
・歯界展望94(3):599~611,1999.9
4,さまざまな下顎位の状況とその咬合位回復の実際2 
・歯界展望94(4):851~862,1999.10
5, ガイドと下顎運動1  
・歯界展望 96 (1) :115~128 , 2000.8
6,ガイドと下顎運動2 
・ 歯界展望 96 (2) :405~416, 2000.9

17,欠損補綴診断のべ-スを探る「咬合支持」の臨床像
 

ザ・クインテッセンス 21 (1):212~233, 2002.1

18,インプラントは歯列の崩壊を防ぐか
 

歯界展望 99(5) :981~1021, 2002.5

19,ゴシックアーチに取り組んでみてわかったこと
 

日本歯科医師会雑誌55(3):4~13, 2002.6

20,歯周外科に踏み切るとき
 

デンタルハイジ-ン別冊 : 115~119,2002,12

21,インプラントが同居するパーシャルデンチャーへの期待
 

日本歯科評論別冊:157~166,2003,10

22,欠損歯列の術後評価とリスクファクタ-~個体差と症例群の傾向
 

別刷クインテッセンス・YEAR BOOK : 59~66, 2003.11

23, 欠損歯列と歯周疾患のかかわりから処置方針を考える
 

日本臨床歯周病学会会誌 J.A.C.P. Vol.21:26~32,2003.12

24,咬合高径の挙上・回復を行った症例の経過と考察
 

ザ・クインテッセンス23 (2):69~76, 2004.2

25,パーシャルデンチャーの術後の様相とインプラントの応用
 

歯界展望 104(2):285~296, 2004.8

26, 疫学デ-タの蓄積を進めよう(共著:永田省藏・栃原秀紀・牛島隆)
 

日本歯科評論:85~88,2005,1

27,可徹性補綴物での対応
 

補綴臨床別冊,診断と治療方針のコンセンサス:22~31,2005,5

28, 歯周外科に踏み切るべきか否かを考えてみよう
 

熊本県歯科医師会雑誌2005,11

29, 顎位の不安定な歯列 臨床歯科医のステップアップ研修(2)リスクを抱える歯列とどう向き合うか
 

ヒョーロンパブリッシャーズ:87~98,2006.4

30,ブラキシズムのプロトコール
  (共著:永田省藏・牛島隆・栃原秀紀・山口英司) 補綴臨床39 (4):395~415,2006,7
31,「QDT Success Basics 欠損歯列とパーシャルデンチャーの設計
  1, 欠損歯列とパーシャルデンチャーの設計(1)
・ QDT:31(2):64~69,2006.2
2, 欠損歯列とパーシャルデンチャーの設計(2)~レストとクラスプ~
・ QDT:31(6):66~73,2006.6
3, 欠損歯列とパーシャルデンチャーの設計(3)~アタッチメント~
・ QDT:31(10):56~65,2006.10
4, 欠損歯列とパーシャルデンチャーの設計(3)~テレスコープ~ 
・ QDT:32(2):52~59,2007.2
32, 欠損の終末像を豊かに~少数残存歯をめぐる欠損補綴
 

1, 少数残存のステージを大切に扱う
・ 補綴臨床40(1):81~90,2007.1
2, 少数残存歯列とオクルージョン(1)~下顎の位置決めとよりよい咬合得のために~
・ 補綴臨床40(2):187~198,2007.3
3, 少数残存歯列とオクルージョン(2) ~生体に調和するガイドと半調節性咬合器のハンドリング~
・ 補綴臨床40(3):321~333,2007.5
4,維持装置の選択と治療、技工のステップ
・ 補綴臨床40(4):429~441,2007.7
5,少数残存歯とインプラント
・ 補綴臨床40(5):541~551,2007.9
6,少数残存歯列の術後の変化とフォローアップ
・補綴臨床40(6):665~677,2007.11

33, ブラキシズムのプロトコール~調査結果から見えてきたこと~
  (共著:永田省藏・牛島隆・栃原秀紀・山口英司) 補綴臨床40(4):373~394,2007,7
34,鑑別診断と治療計画立案の臨床アドバイス
  1,上下臼歯遊離端欠損に対する補綴処置
・ ザ・クインテッセンス26 (7):107~116, 2007.7
2,長い中間歯欠損の咬合再建
・ ザ・クインテッセンス26 (8):123~133,2007.8
3,左右的すれ違い傾向の補綴とその行方
・ ザ・クインテッセンス26 (9):89~99,2007.9
35,インプラントの咬合~臨床上起こっている問題点
  日本補綴歯科学会雑誌52巻(1),10~16.2008.1

36,

37,

 歯科臨床あるある大辞典(パーシャルデンチャー編)ー診断・設計とその手立てー

   社)北海道歯科医師会 2009.3

インプラントが対合歯に及ぼす力の影響

日本歯科評論 69(4):79~87.2009.4

著書

BASIC PERIO 1 共同執筆(北川原健・佐々木勉・千葉英史・永田省藏)1999,医歯薬出版

BASIC PERIO 2 共同執筆(北川原健・佐々木勉・千葉英史・永田省藏)2002,医歯薬出版

学術ビデオ

わたし流咬合採得のすすめ~下顎のずれの診断と処置~ 2001,(株)G-C

研修会の開催とご案内(カボジャパン4日間補綴コース)

本セミナーは、日常臨床で捉えづらいオクルージョンや欠損補綴などを中心とした補綴治療に関する4日間コースです。

昨今、先端医療が注目されるなか、オクルージョンはあまり問いただされなくなったようにも感じています。しかし、われわれが臨床に携わる中、補綴における困難な咬合採得やTMD症例での咬合診断など、下顎位をより良く理解し、絡まった咬合の糸を解くことで処置方針が明らかになってくることも少なくありません。また、実習では半調節咬合器をハンドリングしますが、“臨床に必要で十分な咬合”についてより理解が深まることと思います。
また、補綴手法としてインプラントが注目を集めて臨床の流れをリードしているようですが、それだけで患者のニーズに応えることができますか?
インプラント、テレスコープデンチャー、アタッチメント、インプラント支台の可徹式補綴など、種々のオプションの中から患者さん個別に最も適した、患者にとっても術者においても無理のない、行き過ぎない処置方針を参加者といっしょに考えるセミナーにしたいという思いから内容を組み立てています。

開催地は福岡で年1回開催しています。
次回の開催の日時日程や受講料などにつきましては、添付のパンフレットをごらんください。

明日の臨床につなぐオクルージョン・欠損補綴・インプラントセミナー

280400

このセミナーの狙いは、オクルージョンの基礎知識を理解し、臨床での半調節性咬合器の応用について実際に手を動かしてハンドリングを学習します。さらに、欠損補綴では、テレスコープやアタッチメント、インプラントといった各種補綴手法の製作ステップやそれにまつわるハウツウを学び、実習により習得したものをすぐに臨床に活かしうるセミナーにしたいと考えています。
様々な病態から捉え方が難しい欠損歯列にどのようにアプローチするか、補綴臨床を手助けするための少人数制コースです。

詳しくはこちらのPDFにてご確認ください。

logo w

〒862-0924 熊本市帯山4丁目57-5 TEL 096(385)1182 FAX 096(386)1638
https://www.nagatashika.net

診療時間日祝
9:00~13:00 休み
14:00~17:30 休み 休み

診療日:月~土(土曜日は午後1時まで 平日午後の診療受付は17:00まで)
休診日;日・祝日
* 但し土曜日は研修日として休診となる週がございます。ご了承くださいませ